Archives

ブログの記事(154件)

2021.09.14

チーム葬儀:粉骨の実例報告「チーム」で寄り添い、ご不安が安穏になるお手伝い。

みなさまこんにちは。 今年も残すところあと3か月!! 時間が経つのは早いですね😊   先日、鹿児島教区・鹿児島別院様の取り組みであられる「チーム葬儀」事例報告会に参加させていただきました。 「チーム葬儀」とは   「人が亡くなってから埋葬されるまでの実務には、…

続きを見る

2021.02.16

花は咲く

皆様元気でお過ごしですか? 生きる笑顔の供養塔。私、ヨシナガと申します。   先日発生しました、令和3年福島県沖を震源とする地震により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。 おりしも、東日本大震災からちょうど10年の節目の年、 私も地震速報を耳にし、あの日のこと…

続きを見る

2021.02.05

☎リンリンリリン☎

皆様元気でお過ごしですか(^^) 生きる笑顔の供養塔✨私、ヨシナガと申します(^▽^)/ 今回は、機械好きな私にとって ウキウキワクワク✨な出来事がありましたので、 ご紹介いたします(^^♪   新機種導入のお知らせ   といっても、ご覧になっている皆様には、…

続きを見る

2021.01.07

2021年🎍年頭におもうこと⭐彡

皆様元気でお過ごしですか(^^) 生きる笑顔の供養塔✨年内建立を目標に頑張る私、ヨシナガと申します(^▽^)/ 本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m   2021年(⌒∇⌒) 早いもので、21世紀の始まりに世間が沸いたのが20年も前のこと⌚ その前年2000年…

続きを見る

2021.01.04

今年もたくさんの『ご遺骨』とご縁をいただけますように。

皆様おはようございます。 ご供養コンシェルジュ黒瀬です。 大晦日の日、いつもお世話になっている妙行寺様にご挨拶に伺い、 感染症対策が徹底された妙行寺様で除夜の鐘を鳴らし・・・(妙行寺様での除夜の鐘の様子はKKB鹿児島放送にて放映されました) お正月は自宅にて家族団らんのひと時を過…

続きを見る

2020.12.07

引き取り手ない「お骨」が彷徨う家族遺棄の過酷

皆様こんにちは。 国の政令市で2015年度に亡くなった人の約30人に1人が、引き取り手のない無縁仏という実情・・・。 衝撃の記事を見つけましたのでご紹介します。 これでいいのか・・・   追い詰められたご遺族様。 私たちにできることは、「お困りの方」に、どのようなお手伝…

続きを見る

2020.10.30

新型コロナで変わる「お墓」のあり方

…ハイヒール・リンゴ「墓じまいをするのも悪いことじゃない」 先日のニュースに上がっていたハイヒールリンゴさんの記事です。 お墓・・・(中略)罰が当たる」「病気になる」という人もいるかもしれない。実際、墓じまいしようとすると「本当にいいのか」「親戚など、後から文句言ってくる人はいな…

続きを見る

2020.10.28

改葬!新しい納骨先に「海洋散骨」って書いても大丈夫?

皆様こんにちは。 今日は「お墓じまい」をなさるお客様から、委託海洋葬をご依頼いただき、ご遺骨の引き取りのために 100㎞離れた場所までご遺骨のお引き取りに行ってきました✨ コロナにて外出自粛になってから、 「(外出自粛が収まらずに)このままお墓参りに行けなかったらお墓が荒れてしま…

続きを見る

2020.10.13

「当たり前が当たり前にできなくなった!?」コロナ渦で考える「供養」のこと

南九州からこんにちは✨ ご供養コンシェルジュ黒瀬です。 さて、本日、鹿児島にあられる「妙行寺様」にて 「コロナ禍における終活と葬送を考える」という表題のセミナーをさせていただきました。 ご供養コンシェルジュが感じたコロナ渦でのある変化 昨年12月から、今日まで、「ある変化」に気づ…

続きを見る

妙行寺様での終活セミナー

2020.06.19

県内で唯一お立合い粉骨が可能です。

  南九州よりこんにちは✨ ご供養コンシェルジュ黒瀬です。 今日のブログでは「お立合い粉骨」についてご紹介 お立合い粉骨とは お立合い粉骨とは、その名の通り、ご遺骨の粉骨の際に、お立合いいただくことです。 例えば、 〇故人様がお亡くなりになられたとき、しっかりとお別れが…

続きを見る

トップページへ戻る

鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ

お気軽にお問合せください

  • 鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ
  • mail

    メールでのお問い合わせは info@en1150.co.jp