チーム葬儀:粉骨の実例報告「チーム」で寄り添い、ご不安が安穏になるお手伝い。

タグ: , , , , , ,

みなさまこんにちは。

今年も残すところあと3か月!!

時間が経つのは早いですね😊

 

先日、鹿児島教区・鹿児島別院様の取り組みであられる「チーム葬儀」事例報告会に参加させていただきました。

「チーム葬儀」とは

 

「人が亡くなってから埋葬されるまでの実務には、葬儀社や石材業者などさまざまな専門家が携わる。

関係者がチームを組まなければ、成り立たない。」というお寺の先生方のお考えです。

 

 

「チーム葬儀・実例」:「納骨壇が遺骨でいっぱいになっている、どうしたらいいのかしら?」

安心しているおばさんのイラスト 「納骨壇が骨壺でいっぱいになっている」という相談に対しては「粉骨」での解決をご提案するのですが、この場合、お悩みの方が「誰に」相談するのかがポイントです。

このようなお悩みは、弊社のホームページをご覧になられた方からもご相談いただくことがありますが、

「チーム葬儀」の場合はお寺様が(もしくはお寺様からご紹介いただいた方が)ご相談くださる、もしくは、私たちのような業者をお寺様もご存知くださっております。

弊社のホームページをご覧になられて「粉骨」をご希望になられた方のうち、中には、

「納骨壇がいっぱいになってるから粉骨をしたいのだけど、粉骨をしたらお寺に怒られないですか?」というご不安をお持ちの方もいらっしゃいます・・・。■

粉骨については、お寺の先生方によってお考えは様々だと思うのですが、

普段あまり話をする機会のないお寺の先生に「粉骨をしてもいいですか?」と聞くことは相当勇気がいることなのかもしれないですね💦

 

チーム葬儀の場合の「粉骨してもいいですか?」。9月14日のチーム葬儀実例✨

本日9月14日は、お墓からお寺の納骨壇に改葬するM様の納骨式。

実は、本日納骨させていただいたのは

チーム葬儀で何度かご一緒させていただいたK証寺様。

M様のお墓には9柱のご遺骨があり、

納骨壇にそのままご納骨してしまうと、納骨壇がいっぱいになってしまいます。

そこで、M様は、当社にまずご相談・・・

「納骨壇がいっぱいになってしまいそうなのですが、どうしたらいいですか?」

わたくし黒瀬は、、、、ご供養コンシェルジュ(!)として

すぐに

「粉骨も一つの方法です」とお伝えしました。

M様はそこで

「粉骨してもお寺は大丈夫なのですか?」とご心配に。。。

私は自信をもってお応えしました。

「K証寺様は、粉骨のこともよくご存じの先生ですので、問題ないですよ」

ほっとしたお顔に一転、M様の安心感

M様は、とても安心した表情になられました。

「粉骨」をしてもいいのかな? きっと、そのご不安をお持ちでいらっしゃったのでしょう。

だけど、

9つの骨壺はそのまま納骨壇に納骨してしまっては、自分たち・子や孫の分までの納骨の保証はできない。

いろいろお考えになられて粉骨を希望なさり、問題を解決され、

そして、さらに、粉骨の担当者と、お寺の先生が知り合いで、お寺の先生も粉骨を否定せず、受け入れてくださったことは、M様にとってとても心強いことだったことだと思います。

 

「チーム葬儀」では、門徒様や関係する業者を尊重すること、お悩みの方が相談しやすい環境を作ってくださっています

(私たち業者もお寺関係者のように、むしろ、お伺いしても違和感のない空間を作ってくださるお寺さまも・・・😿感謝です

 

この「チーム葬儀」の取り組みは、私たち業者にとっても非常にありがたい取り組みで、

「お悩み相談窓口」としてお寺から様々なアドバイスをいただいた方は、

安心して様々な解決方法を聞くことができます。

「粉骨をしたいけど、お寺におこられないかしら?」というご不安を持たれることもなくなるのです・・・✨

「チーム葬儀」の取り組み、「チームの輪がこれからますます広がったらいいな、と願います。

K証寺様、本日はありがとうございました。

そして、「チーム葬儀」の中心となっていくださる妙行寺・井上ご住職は、本日「オンラインお寺参り」でお世話になりました。

オンラインお寺りの感動は、また次回のブログにて✨

 

海洋葬・樹木葬 供養全般の費用(金額)や手順・方法など詳しくご説明いたしますのでお気軽にご連絡ください

友だち追加
LINEでのお問い合わせ、ご質問も受け付けております。お気軽にご利用ください。

タグ: , , , , , ,

トップページへ戻る

鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ

お気軽にお問合せください

  • 鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ
  • mail

    メールでのお問い合わせは info@en1150.co.jp

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村