Archives

ブログの記事(186件)

2023.12.25

ご存知ですか?お墓じまいの費用💰

皆様こんにちは。 ご供養コンシェルジュ堤です。 先月は6件のお墓じまい工事をいたしました有限会社縁です。 当社へ「お墓じまい」の相談をいただきました時に 皆様が一番気になるところ・・・ それは・・・費用! 見積には費用が必要なの? お墓じまいにはいくら必要なの? 今回は墓じまい工…

続きを見る

2023.10.14

お役立ち情報!~再火葬の流れ①~

皆様こんにちは。 ご供養コンシェルジュ堤です。 本日、弊社HPをのぞいてくださる方がどのような検索ワードで当社を見つけてくださっているか 調査したところ。。。 第一位は 「散骨 鹿児島」のワード 海洋葬を検討くださっている方が、 鹿児島県内にはどのような(散骨)会社があるかをお調…

続きを見る

2023.06.26

お墓を引き継いでいく家族は全体の1割程度にまで減少?!

永代供養墓という言葉が誕生したのは1980年代のこと。親から子、子から孫へと、男系で引き継いでいくのが日本人の常識とされていたそれまでの日本人のお墓の常識を打ち破ったのが、永代供養墓でした。 株式会社鎌倉新書が毎年行なっているアンケート調査によると、2022年に新たにお墓を買い求…

続きを見る

2023.06.19

終活「葬儀のカタチ」希望は伝えていますか?

皆様こんにちは。 ご供養コンシェルジュ 堤です。   先日、お父様を亡くされたばかりのご家族様から、 「父が鹿児島での生前散骨を希望していました。鹿児島の南部斎場で火葬ですが、火葬場まで遺骨の引き取りをお願いし、明日チャーター海洋葬をお願いしたいのですが可能ですか?」と…

続きを見る

2023.05.04

そんなことはありません!~海洋散骨~

皆さんこんにちは。 ご供養コンシェルジュ 堤です。 4月お寺様・石材店様にご挨拶にお伺いしたところ、 聞き捨てならぬご質問をいただきました。 委託散骨は雑にしている?! 「海洋散骨っていうのは、お客さんが乗ってるときは丁寧にするけど、 スタッフだけの時には、そのへんで(港からそう…

続きを見る

2023.01.15

遺骨は全部粉骨しなければいけない?『納骨壇の中が遺骨でいっぱいになっている場合』

2023年 早いもので15日が経過しました。 1月4日~本日まで 〇お墓じまいのご相談 〇海洋葬のご依頼 〇ペットちゃん粉骨のご依頼 〇納骨壇整理のご相談 毎日皆様から多くのご相談をいただいております。 その中で『粉骨は、預けた骨壺内の遺骨を全部粉骨されるのですか?』とのご相談を…

続きを見る

2022.11.28

(前編)海洋散骨の話「よくやり遂げたな」~関東・S様のお話~

皆様こんにちは。 ご供養コンシェルジュ 黒瀬です。 さて、 先日、18名ご乗船の海洋散骨のお手伝いをさせていただきました。 今回の海洋葬は 鹿児島がご出身であった故人(お父様)の 「故郷・かごしまの海に散骨してもらいたい」という希望を叶えるために 20代の息子様が海洋葬のご依頼を…

続きを見る

2022.02.02

ご存知ですか?骨の重さ

骨の重さって?. 全身を形づくる骨は、成人では206個あります。. また、重さは体重の約5分の1で、体重50kgの人であれば10kgほどになります。 正確には骨の重さは体重の約15%~20%程度で、体重50kgの人であれば7.5kg~10kgほどになります。もちろん体重、体格、性…

続きを見る

2021.02.16

花は咲く

皆様元気でお過ごしですか? 生きる笑顔の供養塔。私、ヨシナガと申します。   先日発生しました、令和3年福島県沖を震源とする地震により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。 おりしも、東日本大震災からちょうど10年の節目の年、 私も地震速報を耳にし、あの日のこと…

続きを見る

2021.02.06

「この記事が1位?!」♡1月人気ブログTOP3

皆様こんにちは✨ ご供養コンシェルジュ黒瀬です。 2021年が幕を開けてからはや1か月が過ぎました。 時間の流れの速さを感じている今日この頃・・・。 穏やかな温かさを感じる日も、増えてきましたが、変わらずコロナウイルスは猛威を振るっています・・・。 一日も早く安心できる毎日を送れ…

続きを見る

トップページへ戻る

鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ

お気軽にお問合せください

  • 鹿児島の散骨・供養のお問い合わせ
  • mail

    メールでのお問い合わせは info@en1150.co.jp